夜泣きがずっと続いて、精神的にも限界に

妊娠中は、出産がゴールだと何となく思い込んでいましたが、出産後、赤ちゃん誕生は、スタートラインに立つことだったのだと改めて思いました。
我が子は夜泣きがひどく、産まれてから一歳過ぎるまで、一度も朝までぐっすり寝たことがありません。
ひどい時は、1時間ごとに泣き、ひたすら、あやしたり母乳をあげることもありました。
子育て支援や保健所にも通い、夜泣きのことを相談しますが、「そのうち泣かなくなるから」「今だけだから、お母さん頑張って」と言われるだけで、頑張ってと言われることがとてもストレスでした。
静かな住宅街に住んでいるので、近所迷惑も心配でしたし、とにかく自分の睡眠を毎日削られるのがとても苦痛でした。
あまりにも夜泣くので、少し早めの断乳を決意し、ある晩から、泣いても喚いても母乳をあげることを辞めました。
一週間は、毎晩1時間ごとに泣き、とても辛かったのですが、一週間後、諦めがついたのか、夜全く泣かなくなりました。しかも、あれだけ夜泣いていたのに、朝まで一度も起きることなく爆睡するようになりました。
終わりがあることを信じて、頑張ってきて良かったなと初めて思った瞬間でした。